排泄ケア情報局

排泄ケアに関して、初歩的な事から最新の事までダラダラとお届けします。

一番大きい紙パンツ

 

 

今回は日本で一番大きな紙パンツのお話(´・ω・`)

f:id:kyoushirousan:20190304231055j:plain

↑これは2014年4月の絵日記です。

大阪バリアフリー展で排泄ケアの相談業務をしていた時の話です。

この返しは意外とテッパンで皆にウケました。「そうですよねえ~!」と共感され「内臓脂肪とか足腰の事考えたらやせなきゃですよねえ!」て笑いながら納得して帰って行った看護師さんもおられました。大きいサイズを、上を上を探してたらキリがないです。メーカーも太る事を推奨しているわけではありませんので。ウエスト140㎝以上のリハパンを探すよりも、ダイエットをして自分のウエストを140㎝以下にへこませましょう。

と言うても、病気で運動の制限があったり、薬の副作用でどんどん太ってしまう人もおられるし、そういう人はどうすれば良いのでしょう。テープ式…布タイプ…外国製品…?


ちなみにこれ、当時国内唯一サイズを7パターンも展開しているリブドゥさんにも聞いたんです、そしたら

「うちが作っている140㎝までのが一番大きいです。それ以上のものはこの世に存在しません!」

と断言されました。

 

という事で、当時はリブドゥコーポレーション「リフレ」の3L(110~140㎝)の紙パンツが一番大きかったのです。

 

2018年、それを上回るサイズの紙パンツが発売されました。

白十字「サルバ」のXL(110~142㎝)です。

f:id:kyoushirousan:20190304231752p:plain


たった2㎝ですがリブドゥを超えました。

 

でも実はもっと大きい紙パンツがありました。

テーナです。

f:id:kyoushirousan:20190304231709p:plain


XLサイズ(120~160㎝)との事です(´・ω・`)

さすが外国製品。

まあ、履き心地とか知りませんが。

ウエストサイズだけ並べてみると、そんな感じです。

 

今回は以上でっす(/・ω・)/