排泄ケア情報局

排泄ケアに関して、初歩的な事から最新の事までダラダラとお届けします。

グーンのスーパーBigの次はどのサイズを使えばいい?

 

 

今回もサイズの話(´・ω・`)

 

「グーンのスーパーBigの次はどのサイズを使えばいい?」

 これは障害児の親御さん達からよく聞く質問です。

 

リブドゥコーポレーションからは「ベビー用より大きく大人用より小さいサイズ」というわかりやすいネーミングのテープ式とパンツタイプが売られています。

 

では実際はどうなんでしょう。

 

赤ちゃん用紙おむつ(5社)のそれぞれビッグ以上のおむつと、大人用紙おむつ(16社)のウエスト・ヒップが50㎝以下の物を調べてまとめてみました。

 

f:id:kyoushirousan:20190215233830j:plain f:id:kyoushirousan:20190215223604j:plain

 …はい、まとめましたがこれでも情報が多すぎてわかりにくいので、

パンツタイプの、更に胴囲(ウエスト)サイズを明記している物だけを集めて、大人用と赤ちゃん用を小さい順に並べてみました。

 

f:id:kyoushirousan:20190215223319j:plain

これを見ると、グーンのスーパーBigの次は、意外と沢山あります。

(この表、チーム京都メンバーにめっちゃ褒められました。今週深夜2時まで起きてコツコツ調べ上げて作った甲斐がありました(*´▽`*))

 

あくまでもウエストサイズだけを比較した表です。

赤ちゃん用と大人用で、作りに違いがあるかもしれません。

「障害児 おむつ サイズ」でネット検索していたらこの記事に巡り合いました。 

ママ達が行く!肢体不自由のこどもたちを支える企業訪問vol.1 大王製紙株式会社 | しぴれん -全国肢体不自由児PTA連合会-

 

こども用のスーパービッグと高齢者用のSSとの間のサイズやスーパービッグとその下のこども用SSサイズの間のサイズ、この2つがあったらっていう要望が一番多い

 

大人用オムツを使ってみて、ギャザーが緩いなって感じたんです。こどもは動きが激しいからギャザーがしっかりしているけど、大人用といっても高齢者が使うオムツは動きが激しくないから、ギャザーが緩いんですかね。これが、肢体不自由のこどもたちが使うと漏れの原因になる

 

高齢者用オムツのサイズは大きいけど瞬間吸収っていう点では、こども用のほうが力があると思う。高齢者の場合は、一回のオシッコの「量」も少ないし、大きく違うのは「勢い」が違うんだと思う。量も多くて、勢いも強いから、オムツの中で水たまり状態ができて、漏れるっていう感じになる。だから、高齢者用オムツのギャザーに吸収体があればいいのにと思います。

 

ベビーサイズは腰のあたりまで吸収体があるのに、大人用だと減っちゃうんですよね。だから、長い間替えられないときには駄々漏れになっちゃうんです。

 

大人用と赤ちゃん用の違いをわかりやすくたくさん教えて下さって勉強になる…!

単にウエストサイズだけで選んでも、漏れてしまったら意味がありませんね。

 

という事で上の表はお蔵入りです(/・ω・)/ざんねーん

今回は以上です。(/・ω・)/

ニシウラのふわふわフィットパンツ

 

 

今回は「ふわふわフィットパンツ」の紹介です(´・ω・`)

2017年福祉機器コンテスト優秀賞をとった商品です。

f:id:kyoushirousan:20190216003326p:plain

ホルダーパンツなんですが、SSサイズ「50~68㎝」があるのが良いなぁと思いました(´・ω・`)

他のメーカーのホルダーパンツには、MとLしか無かったり、Sがあっても60㎝ 台だったりと、大人用の物が多いのです。

 

ニシウラさんの事を調べていてこの記事に巡り会えました↓

「 尿取りパッドホルダーパンツ出荷開始 開発物語」

http://www.corporation-pearlstar.com/news/%E5%B0%BF%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E9%96%8B%E5%A7%8B/

>「紙パンツを最初から喜んで着用する人はいません。仕方なしに履かれています」

 「重度身体障がい児の子供さんたちは生涯紙パンツです」

 「せめて尿とりパットにしてあげたいです」

 最初の来社が2016年3月、6月の4度目の来社の時でした。

 諦めるだろうと思い言った言葉、「開発費を出しますか」

 「出します。お願いします。皆さんが待っておられます」

 鳥取市にある紙おむつの販売を主業務とする株式会社ニシウラの西浦社長とのやり取り、根負けしました。

 

…もうこの部分だけでボロボロ泣いてしまってこの会社とニシウラさんのファンになりました。

以前twitterをしていた時に、幸運にもニシウラの社長さんとやりとりをさせて頂き、支援学校で勉強会をする際の心得などを教えて頂く事が出来ました。

この御縁を武器に、頑張りたいと思います。

今回は以上です(/・ω・)/

 

 

SSサイズのテープ式おむつ

 

今回はサイズの話(´・ω・`)

今度行く勉強会の主催者の方に、サンプルでどんなおむつを持って来てほしいか伺ったところ、いくつかの返信の中に「SSサイズのテープタイプ」というのがありました。

 

SSサイズのテープ式だと…?

私の知る限りだと、日本製紙クレシアリブドゥコーポレーションの2社から出ています。

しかしサイズだけ見ると

(ヒップ50~85㎝)

なので、それなら白十字サルバと大王製紙アテント

Sサイズ(50~75㎝)

でもイケるし、王子製紙ネピア

Sサイズ(50~90㎝)でもイケるわけです。

 

あとはどれだけ伸びるかとか皮膚との相性だとかギャザーの高さとか、実際に見て触ってみない事にはわかんないんですよね。

同じヒップサイズ50㎝~でも、色々あるのです。

メーカーによってSSサイズと言ったりSサイズと言ったりします。

さて何持って行こうかな…

今回は以上でっす(/・ω・)/

 

↓この写真は私が一昨年の年末にまとめた16メーカーのおむつの紙パンツとテープ式のサイズをまとめたものです。

過去の私の執念の資料作成が後々こうやって助けになっております。

赤ちゃん用おむつのサイズ表も現在作成中です。

赤ちゃん用はヒップサイズ(㎝)ではなく体重(kg)で表示されているのでどうしようかなと思案中。

紙パンツは上からやぶるか下からやぶるか

 


 

今回は紙パンツを捨てる時の話。

そのまま脱いで捨てても良いのですが、介護をしていると脇から破いた方が良い場面にたびたび遭遇します。

便失禁をたっぷりされていて、そのままパンツを下すとズボンに付着する恐れがあったり、臥床時に交換する時などです。

 

おむつメーカーの人の話や、誰かの排泄ケアの講義の中で、「紙パンツは下から破くと良いですよ」と聞いた事があります。

そうなのかぁと思っていましたが、実際してみるとそうでもありません。

 f:id:kyoushirousan:20190211095717j:plain

言うほどそんなに破きやすくはありません。

 

ちなみに…

(株)光洋さんのサイトにはこのようなイラストがありました。↓

f:id:kyoushirousan:20190211100529p:plain

参考サイト:紙おむつの使い方 - 排泄ケア お役立ち情報 | 光洋(KOYO)医療・福祉をトータルサポートいたします

 

リブドゥコーポレーションさんの2013年発行のカタログにもこのようなイラストがありました。↓

f:id:kyoushirousan:20190211101100p:plain f:id:kyoushirousan:20190211101131p:plain

 

腰部分にはたくさんのゴムやギャザーが入っていて強度があります。

だから上(腰)から破くのに比べれば、下から破いた方が破きやすいのかもしれません。

でも実際はそんなに(上と下で強度に)大差なかったり、メーカーや商品によっても様々ですね。

今回は以上でっす(/・ω・)/



 

障害児者の排泄ケア

 


今回は障害児者の排泄ケアのお話です。

私は10年以上高齢者介護を仕事にしていますが、障害者支援に関しては外出援助やボランティアでキャンプに参加した程度でしか関わりがありません。

そんな私が支援学級で排泄ケアの勉強会を行う事になりました。

京都に住むおむつフィッターの団体「チーム京都」の仲間と一緒に行くのですが、先日そのメンバーと打ち合わせをした時、あまりに楽しくて、その様子を漫画にしました。

(4コマ漫画11個+1コマ漫画2個…と多いです)

 

f:id:kyoushirousan:20190211102346j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102421j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102425j:plain

インテックス大阪バリアフリー展でも、風船におむつをはかせていました↓

f:id:kyoushirousan:20190211102956p:plain


f:id:kyoushirousan:20190211102443j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102450j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102500j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102508j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102516j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102524j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102532j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102536j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102543j:plain

f:id:kyoushirousan:20190211102553j:plain

今回は以上です(/・ω・)/